創業57の伝統と実績 輸入ピアノ専門店、東京(西新宿)でご試弾頂けます。新宿「西口ヨドバシカメラ時計館」隣り

 地 図
会社概況
輸入ピアノ専門店叶V宿ピアノ社
バイロイトの伝統シュタイングレーバーピアノ

シュタイングレーバーピアノ
ドイツ
「バイロイト音楽祭のスポンサー」でもあるシュタイングレーバー社

Willkommen in Bayreuth
1852年創業、ドイツバイロイトの「ワーグナー音楽祭」では中心的役割を永年務め、1868〜1999年に至る間、世界の
ベストピアノの製造業者として数々の(ルモンド他)の賞を受賞。
シュタイングレーバ社のロココホールではリヒャルト・ワーグナー、フランツ・リストが愛用したピアノを現在も使われている

シュタイングレーバハウス
1754年に建築されたシュタイングレーバーハウス
リスト愛用のシュタイングレーバーピアノ バイロイト祝祭劇場
バイロイト祝祭劇場

 辺境伯宮殿のある首都として歴史のゆかり深く発展した町、そしてリヒャルト・ワーグナー音楽祭(バイロイト音楽祭)の地として世界的に有名なオーバーフランケン地方最大の都市であるバイロイトは、今日この地方のハイテク技術の中心地になるべく発展を続け、最新設備の整った会議場をもつ会議開催地であり、また大学街でもあります。 バイロイトの名所旧跡やさまざまなカルチャーイベントは、訪れる人々に一年中を通じて体験豊かな旅をお約束しています。

まずは辺境伯オペラハウス。建てられた当時のままで現存しているオペラハウスとしては、ヨーロッパで最も古く美しいバロック様式の劇場です。さらに郊外にある歴史的にも非常に興味深い城庭園をもったエルミタージュ宮殿。
ここでは、遊び心いっぱいで造られた噴水の上演が一時間毎にあり、また夢の世界へ誘う洞窟風造りの岩屋を見学することもできます。 そのほか、市内にある新宮城や20の興味深い博物館が、皆様の御来訪をお待ちしております。数多くのコンサートやシアターの催しで、感性豊かな文化を満喫していただけます。

またバイロイトといえば、リヒャルト・ワーグナーの地としても世界的に名を知られています。ワーグナーが自ら考案した彼独自の音響効果をもって設計された祝祭歌劇場で、毎年7月から8月までリヒャルト・ワーグナー音楽祭(バイロイト音楽祭)が開催されます。
かつてはワーグナーが住居とし、現在はリヒャルト・ワーグナー博物館となっているヴァーンフリードの館。館の庭には、この偉大な作曲家とその妻コジマが眠る墓地には、毎年世界中から訪れる数千人ものオペラファンから手向けられる花束や花輪が後を絶ちません。

違ったバイロイトの楽しみかたとしては、エルミタージュ宮殿の近くに、チャンピオンシップゴルフ場や、ゆったりとくつろげるオアシスローエングリーン温泉場があり、トップクラスのレジャー設備が整っています。日常の煩雑を忘れ、心身ともにリラックスして頂ける様、ホテルや宿泊場がきめ細やかなサービスをもって、皆様を歓迎致します。 そしてグルメの面でも、フランケン地方の郷土料理は勿論のこと、世界の料理も多彩にお楽しみ頂けます。
フィヒテル山地やロマンチックなフランケンのスイス地方の玄関口としてもバイロイトは、発展しています。車ではアウトバーンA9かA70で、電車ではニュールンベルグ駅から快速ペンドリーノ列車に揺られて約1時間と交通の便が良くなっています。また海外からのお客様には、フランクフルトからルフトハンザ会社が毎日3往復の乗り継ぎ便を直行運行させておりご利用しやすくなっております。

シュタイングレーバーピアノ(新品)

1926年製







下記のモデルは過去に販売されたピアノです
スタイングレーバーグランドピアノ
スタイングレーバーピアノ スタイングレーバーピアノ
バロックモデル、1910年製,、奥行き160cm モデル=バロック160、2本ペダル、ウォルナット艶消し、
希少価値のある象牙鍵盤使用、売約済み

バイロイト祝祭劇場 バイロイト祝祭劇場
リスト愛用のシュタイングレーバーピアノ
スタイングレーバーハウスに展示のフランツ・リスト
愛用のスタイングレーバーピアノ
シュタイングレーバーハウス
バイロイトにあるスタイングレーバー
ピアノハウス