創業57の伝統と実績 ♪輸入ピアノ専門店、東京(西新宿)でご試弾頂けます。新宿「西口ヨドバシカメラ時計館」隣り

地 図
会社概況
輸入ピアノ専門店叶V宿ピアノ社

ウイーンの名器べーゼンドルファーピアノ
 
ウイーンの名器、べーゼンドルファーグランドピアノ、モデル170、1987年製
 歴史が愛したウインナートーン、フランツ・リスト生誕200周年記念

フランツ・リスト生誕200周年記念
 リストはバイロイト音楽祭で有名な、ワーグナーも愛用した、「スタイングレーバーピアノ」を愛用、
バイロイトのスタイングレーバーハウスにその愛用ピアノが保管されております。又「べーゼンドルファーグランドピアノ
や「ベヒシュタイングランドピアノ」「パリのエラールピアノ」「アメリカ製、チッカーリングピアノ」も愛用。
2011年リスト生誕200周年に当たりドイツで長く滞在の地として有名な「チューリンゲン州」においてリスト生誕記念祭が開催されます。

                                べーゼンドルファーの音色
多くの偉大な作曲家・演奏家たちが愛した、世界を代表するプレミアムピアノ、べーゼンドルファー。熟練の手によって完璧なまでにつくりこまれたボディが奏でる

深く、甘く、色彩感豊かな音色はウインナ―トーンと呼ばれ、180年以上余の時を越えて人々を魅了し続けてきました。
現代社会の音楽はクリア―な硬い音質ピアノが多い中、べーゼンドルファーは甘くせつなく、モ―ツァルトの音楽が似合ます、ご家庭で「癒される音色」を

十分堪能させてくれます。

音楽の都、ウイーン
13世紀後半(1273年)よりハプスブルク家は神聖ローマ帝国の皇帝としてヨーロッパの大部分(現在のドイツ、オランダ、ベルギー、フランス東部、スイス、イタリア北部、オーストリア、チェコ、スロバキアなど)を統治していました。その後、ウィーンは約700年間、首都であり、ヨーロッパ全域より商業、政治、思想、芸術が集まり「太陽の沈むことなき帝国」として華やいでいました。歴代のハプスブルクの君主たちは芸術に対してとても理解が深く芸術家たちを厚く保護し音楽や絵画を育成しました。また、宮廷に召し抱え財政的な援助を行ったため、ヨーロッパ全土の優れた芸術家たちがウィーンに集まってくるようになりました。中でも「音楽」は現在に至ってもヨーロッパのみならず世界の中心地として音楽を学ぶもの、音楽を愛するものにとって憧れの地であり「音楽の都ウィーン」として今なお、親しまれています。
オーストリア皇帝の前で演奏するフランツ・リスト
オーストリア・ハンガリー二重帝国時代、「ハプスブルグ家」の皇帝、フランツ・ヨーゼフ一世とエリザベート夫人の為に
ハンガリーのブタペストの舞踏会において、べーゼンドルファーのピアノ演奏を披露。




モデル170、奥行170cm、黒艶出し、製作年代が新しい1987年製、象牙鍵盤、3本ペダル、
<奥行170cm、間口151cm、重量314kg>  





べーゼンドルファー(ウイーン製)モデル170、奥行170cm、希少価値のある象牙鍵盤使用
美しいベーゼンドルファーモデル170
べーゼンドルファー(ウイーン製)モデル170、奥行170cm、希少価値のある象牙鍵盤使用
奥行170cm、黒の塗装が美しい殆ど新品同様です。
べーゼンドルファー(ウイーン製)モデル170、奥行170cm、希少価値のある象牙鍵盤使用
アクション部分も非常に美しくリペア―されております
べーゼンドルファー(ウイーン製)モデル170、奥行170cm、希少価値のある象牙鍵盤使用
べーゼンドルファーピアノの特徴、ゴールド色のフレーム




フランツ・リスト生誕200周年記念
2011年リスト生誕200周年に当たりドイツで長く滞在の地として有名な「チューリンゲン州」においてリスト生誕記念祭が開催されます。

フランツ・リスト愛用のピアノ

リスト愛用のべーゼンドルファーグランドピアノ べーゼンドルファーを弾くフランツ・リスト
       
          リストは生前に数々のピアノを所有し、ピアノ
         制作者に沢山のピアノの評価をしております。
フランツ・リスト愛用のべーゼンドルファーグランドピアノ フランツ・リストの手
               リストの「デスハンド」




リスト愛用のエラールピアノ
1884年パリ・万国博覧会でリストが演奏した
パリ「エラールピアノ」
フランツ・リスト

フランツ・リスト
リスト愛用のアメリカ製、チッカーリングピアノ
ハンガリー・ブタペスト、リスト博物館所蔵
「リストが愛用」のアメリカ製
「チッカ―リングロココ調ピアノ」
1840年に総鉄骨を使用したピアノや二重交差弦
を採用、画期的特許を完成。
リスト愛用のスタイングレーバーロココピアノ


ドイツバイロイト音楽祭公式ピアノメーカー
名門シュタイングレーバーロココピアノ
バイロイトリストハウスに展示

リスト愛用のベヒシュタイン
 

     日本で余り公開されていないリストのピアノ、28年間愛用した、(製造番号#576)
     1862年製 ベヒシュタインピアノ

      2009年4月21日、ニューヨークのマンハッタン58番地にあるベヒシュタインアメリカ
      本部において1862年製を使用した、ピアニスト「サンドロ・ルッソ」の
      ガラコンサートが行われた。
      ※当モデルは世界中で演奏が行われマンハッタンが最後の舞台となりました。


       リストの親友カール・ベヒシュタインが28年間に渡り毎年リストに贈ったグランドピアノの一つである。
      外装ローズウッド(紫檀)で出来たピアノで1862年3月17日にリストに届られた。
リストとベヒシュタインの関係はカール・ベヒシュタインとフランツ・リストの弟子であり、後にリストの娘コジマと結婚した

ハンス・フォン・ビューロとの親交に始まっている。ベヒシュタインに初めてリストのことを注目させてのはフォン・ビューロで
ベヒシュタインが1853年に初めての「水平の」グランドピアノを制作してまもなくのことであった。「28年間」ベヒシュタインの
ピアノを弾いて、リストはカール・ベヒシュタインへの私信の中でこう述べている。「28年間あなたのピアノを
使ってきましたが、優れた品質をずっと維持しています。あなたの楽器は、誉めることばかりで欠点が見つかりません。
どんなニュアンスにも応えてくれる素晴らしく心地よいアクション、パワフルで澄んだ優雅な音色、さまざまな音域に
おいて他の例を見ない均一で調和のとれた音の響きにより、ヴイルトゥオ―ゾが最大限の実力を発揮できる、
一言で言うと、あなたの楽器は完璧です。」
と当時リストは評価しております。
ワイマールのリスト愛用のベヒシュタイン

ドイツ・ワイマールにある
ベヒシュタインピアノ


フランツ・リスト





輸入ピアノの調律はお任せ下さい

最近輸入ピアノの調律で、ピアノの状態が悪くお悩みの情報を多く当社に寄せられます。
一台一台楽器には個性や歴史があります、使用状態にもよりますが、定期的な点検や
メンテナンスを実施すれば、オートメーションで製造された機械的生産ピアノでなければ

ちゃんと名器のヨーロッパピアノは元に復元し、美しい音色を表現してくれます。
但しヨーロッパ製と称して実は中国製のピアノが市場に混在しておりますので要注意。

当社で専門の知識経験を有し、業界でも「輸入ピアノの草分け」として
15名の調律師を
抱えております。ピアノ調律師の技術レベルでコンディションは大きく異なります。

先ずは一度ご相談下さい。